2018年08月26日

スーパーナチュラル シーズン1

コミカルなオカルト・ホラーで大人気の「スーパーナチュラル」

イケメンの兄弟二人が繰り広げる壮大な超常現象を解決するドラマですが、なんとこのドラマ、シーズン13まで達しています。

物語はカンザス州ローレンスから始まります。

ディーン・サム兄弟は親子4人で暮らしていたが、ある日母親が火事で死んでしまい、そこから始まる過酷なまでの人生が待っていた。

サムは弁護士をめざし恋人と暮らし、ディーンは父親と狩りの旅をしていたが、父親が行方不明になりサムの恋人が母親と同じような死を遂げてしまってから二人の狩の旅が始まる。

シーズン1は主に幽霊退治のシンプルなストーリーですが、シーズンを重ねるごとに複雑なストーリーになっていきます。


SUPERNATURAL <ファースト・シーズン>(吹替版)
写真:Amazonプライムビデオより

今と比べてフレッシュな2人。
当時DVDが出た時の吹き替え版はあまりにもこの二人のイメージからかけ離れた声優さんでした。
観る時は字幕版をオススメします。(プライムビデオでは別の声優さんに変わってるかも)

ホラー映画(特にオカルト系)が好きな私はこのDVDが出た時に即レンタルして以来、ずっとこのドラマのファンです。

真面目に魔物を狩るストーリーかと思えば、この二人のコミカルな演技(特にディーン)満載の回もあり、本当に飽きのこない作りになってます。

最終的には家族愛・兄弟愛でエンドというシーンも多々あり。

また、登場する準主役クラスの役どころも魅力のある作りになっています。

オモシロイ!

の一言に尽きます。

【関連する記事】
posted by 毬藻 at 21:42| 山形 ☔| Comment(0) | Amazonプライムビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

ゲット・アウト


★★★★★

ここ数か月、アマゾンのプライムビデオに嵌ってます。

特に「スーパーナチュラル」「GRIMM」は何回も観てしまいました。

たまにはドラマ系じゃなくて映画もと思い、今日「ゲットアウト」を観ました。

久しぶりにホラー系・サスペンス系の後味の良い映画が観れました。


白人女性と黒人男性が恋に落ち、女性の実家に二人で行くことになったのが始まりで、最初は白人至上主義関連の映画かと思いきや、最後は全く違った展開で終わりました。

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家へ招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。
アマゾンプライムの説明より引用

彼女の家に行き周りの人々の態度や行動に翻弄され、徐々に精神的に追い詰められていくクリスの心理戦はこちらもハラハラさせられて見ごたえがありました。

欲を言えば、脇役のクリスの親友をもっと活かしてほしかったかな、と思います。
ラベル:映画
posted by 毬藻 at 22:32| 山形 ☁| Comment(0) | Amazonプライムビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

父の死

久しぶりの更新です。

8月6日に父が98歳で永遠の眠りにつきました。

父は半ば自由人。言葉はかっこいいけど家族を持つにはちょっと合わない人でした。
孫が生まれて1週間もしないうちに一人で横浜に行ってしまいました(夜逃げ)。
その一か月後には母も着いて行ってしまった。

それはいいんですけどね。
後に残された私たち家族が大変。

思い出したくもない出来事ですが・・・・・・

そうは言っても実の親子ですから、知らんぷりは出来ない。
横浜まで行って来ました。
火葬してお寺にお骨を納めて、10月には納骨式でまた横浜まで。

知り合いの方が4人火葬場に来て下さって、一緒に別れを告げました。
有難いことです。
「生き様はあまり良いとは言えなかったが、死に顔は安らかだね」って(笑)

たしかにきれいな顔をしていました。
きっと本人も生きづらさがあったのかと思います。
少しは楽になったかい?

DSC_0001.JPG

横浜から帰ってすぐに夫の実家の新潟に墓参り
次の日夫が同級会だったので、待ち時間に「塩沢宿の牧之通り」というところに行って来ました。
三国峠の入り口、昔は宿場町として栄えていたようです。
お盆にしては閑散としていましたが、街の住人達が頑張って街を再現した様子が伺えます。
近くに言ったら立ち寄ってみる価値はあるかと思いました。

ハイバック脚付もこもこカウチソファ のお店




posted by 毬藻 at 10:59| 山形 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする